2013/04/10 10:40:10 | 買い取り
金について語るのであれば、まずは「金という金属」についてもどうせなら知っていただこうということで、ここでは「金という金属」についてちょっとばかりご紹介したいと思います。 金の元素記号は「Au」です。別に携帯電話の会社ではありません。まあ、そういった金属の特性についてあまり深くまで掘り下げすぎると、少々難しい話になってしまうので、もう少し簡単なお話をします。 で、金。金という金属がなぜ「高価な金属」であるのか、これはおそらくみなさんも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?高価であるということは、それだけ希少価値が高いのは想像がつくと思いますが、その希少性の根拠は、「金は(基本的には)劣化し...